×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゆーじへんれき

■2000年
サザンオールスターズの『この青い空・みどり』を聴いて、ギターを練習し始める。
■2001年
・作詞作曲を始める。
・また当時流行していたアカペラ・バンドを数人で結成する。
(ボーカル・トップコーラスを主に担当する。)
■2002年
・エレキギター、ブルースハープに興味を持ち始める。
・アカペラバンド、厚木での大会に書類通過するも日程が合わない為、辞退に至る。これを境に自然消滅的に解散。それ以降は個人作品に力を入れる。
■2003年
・高校でバンド『Peach Cout』のドラムを担当。と同時に個人作品の充実を目指し、その一歩として文化祭で『独りライブ』を敢行。それと同時期に『Peach Cout』を脱退し、宅録中心の楽曲作りを始める。
■2004年
・『独りライブ2』を2日間にわたって行う。
・秋、バンド『the HEINZ』にドラムとして参加。活動を行う。
■2005年
・初春、HEINZとして「チョコ争奪大戦線3日前」「APPLE NIGHT ROCK」に出演。
・3月、イベント『猫ニャいと』に参加。
・3月末、伊勢原でのライブを最後にHEINZを脱退する。
・6月、ジャズ・ポップスバンドSTONE☆RIVER発足。Dr,G,Vo.担当として参加。文化祭での発表を目標とした、10人以上の大所帯バンド。
・8月、『猫ニャいと2』参加。
・8月末、-Desire-主催のライブに急遽対バンの代理として参加。準備不足だったものの約50分のステージを行い出演者、ライブハウススタッフの高評価を受ける。 文化祭にて雨の中での独りライヴ3・STONE☆RIVER。どちらも後夜祭にも参加し、喝采を浴びる。
■2006年 ・卒業と同時期に、毎週土曜日の路上ライブを開始。現在も継続中。
10月1日、ビナウォークにてミニライブ。デモ音源『WTKS』の配布も行う。
その後、主に路上、渋谷多作、ハートフルサンデーを中心に活動を続ける。
■2007年 ・2月、第2弾アルバム音源『炎』ライブ会場などで発売。
・6月、第1弾シングル音源『Have a Good Day』発売。
・9月、『ひがしゆうじ20歳になるミニツアー』敢行。
ハートフルサンデー、日吉Nap、町田Clove、森の里イベント、ハギンズビー、渋谷多作を1ヶ月かけて回った。同時期に第2弾シングル音源『うそも方便』発売。
・11月、第3弾シングル音源『AMANOGAWA』発売。
戻る