×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ディスコグラフィー

東 勇志(ひがしゆうじ)がこれまで自主制作してきた作品を公開(ジャケ写クリックで試聴ページへ)。
Album

●WTKS(1st album:2006.10.01)
WTKS
東 勇志がソロとして本格的な活動を始める為に、自己紹介のアルバムとなるように製作したアルバムである。『WTKS』とは、『わたくし』の1文字ずつの頭文字をとった物。
収録楽曲には『MA-RU-NA-GE』の様な宅録的な楽曲も存在するが、『華麗なる我が路』『LONELINESS』などのライブに於けるスタンダードな楽曲も多い。
値段の特徴としては、パフォーマンスを御覧頂いてからのカンパ制となっていることが挙げられる。


●炎〜HONOH〜(2nd Album:2007.2.21)
炎〜HONOH〜
『WTKS』から半年のブランクを経て製作されたアルバム。『WTKS』以上に『物量』というコンセプトを前面に押し出しており、実際に収録楽曲は『WTKS』の倍近くに上る。
楽曲はエフェクトを多用したものやロック的なものなど更に多岐に渡るが、タイトル曲でもある『炎』によって全てのバランスが取られているという評価をしてくださった方も居る。
値段は300円という設定であった。

Single

●Have a good day/アイウォントカー
Have
『共通したテーマ性の無い小楽曲群』として最初に製作されたCDシングル。
ピアノシュミレーションから始まりクワイヤーの合唱に繋がって行く『Have a good day』、ギター弾き語りからバンドサウンドに流れていく『アイウォントカー』が中心となっている。
ボーナストラックとして『華麗なる我が路』『炎』のライブテイク、『SUNSET』、『アイウォントカー』のアコースティックバージョンを収録。

●うそも方便
うそも方便
9月のライブにあわせて緊急製作されたCDシングル。
淡々とした弾き語りから泥臭いロックンロールになっていく『うそも方便』、カップリングには王道ポップス風味の『おやすみ』が収録された2曲入り。

戻る